当科について

Voice

若手教員の声

 当科では、市中病院では診ることの少ない内分泌、まれな感染症、不明熱、rare diseaseを診療する機会が多く、レジデント主体でありながらも毎日全体カンファでディスカッションする機会があり、病態の解明にまで踏み込んだ診療を行っています。市中病院との連携もあるため、common diseaseの診療も継続して行えます。また、オンとオフの切り替えがしっかりしているため研究や論文執筆の時間も確保でき、熱心な指導を受けながら臨床・基礎ともに研究できる環境が整っていると思います。実際多くの論文がアクセプトされています。さらに、研修医や学生に対して教育を行う機会が毎日あり、ともにチームの一員として臨んでもらっています。内科プログラムや総合診療プログラムだけでなく、地域医療や女性医師支援など幅広い対応も可能で、個々人の希望に合わせて将来設計について親身に相談に乗っていただけるので、ぜひ一度見学に来てみてください。自分の可能性を最大限に広げられる環境が整っています。

中野 靖浩


 「総合内科・総合診療科」と聞いて、あなたは何を想像しますか?「各科への振り分け」、「不定愁訴が多い」、「研究テーマに乏しい」、色々なイメージがあるのではないでしょうか。当科は、そんなステレオタイプを覆すような、臨床・研究・教育・マネジメント、全てのバランスが取れた環境を提供します。臨床では、各科との緻密な連携を重視し、ウーン…と頭を悩ませてしまうような診断困難例、治療困難例をチームで解決していきます。そして、重要なのは濃密なフィードバック。多忙な日常臨床、やったら終わり、ではなく、正確な知識を着実に得て、前進していくことが可能です。そして、難治性疾患・内分泌疾患・臨床検査等をテーマにした研究、優れたメンターのもとで、ゼロからでもスタートできる土台があります。さらに、卒前・卒後教育へ打ち込んだり、若手のうちからマネジメントスキルを磨いたりすることも可能。マルチに取り組みたい方にはもちろん勧めますし、そうでなくても、働き方を自分に合わせてカスタマイズ出来ます。ここでは書ききれない魅力も盛りだくさん。是非一度見学に来てくださいね

西村 義人


 当院のプログラムでは、病院総合診療医として病棟医での様々な疾患を経験できますが、市中病院との違いはエビデンスが整っていること、アクセスしやすいこともあり、身近に適切なエビデンスを聞いてこれまで自信なく治療してきた分野に対して一定の自信とエビデンスを学ぶことが出来ました。学会発表や症例報告とともに大学院研究もでき、とても有意義な研修を積むことが出来ます。総合内科・総合診療科として広く門戸を開いておりますので、ご興味のある皆さま是非見学にいらしてください。

大村 大輔


 数ある専門科の中で当科のページにアクセスし、さらにはこのメッセージに目を留めてくださったあなたは1)既に総合診療の仲間、あるいは2)私の知人だと思います。2)はさておき、1)の中でこれから実際の現場に飛び込もうとしている方や、直に当科の裏側をご覧になったことのない方々へ、ほんの少しだけお伝えします。
 高度な臨床推論や学術的な活動は総合診療の花形とも言えますが、Multimorbidityへの対応や隙間産業的な縁の下の役割を任されたときこそ、私たちの真価が問われると思っています。その素地を養うためのリソースやコネクション、はたまた懐の深さを当科は備えていると自負しています。あらゆるニーズに(最適解を出すというより)まずは柔軟に応対できるのが総合診療の最たる強みであり、それは医療従事者が本来すべからく身につけるべきものです。あなたの目指す先がいわゆる専門領域であったり、大学以外をフィールドにすることになるとしても、当科に片足だけでも踏み入れていただくことは損にはならないはずです。

戸川 雄


 良い総合医になるためにはどのような病院に勤務したら良いですか、という質問を受けることが時々あります。良い総合医の定義が人によるのはもちろんですが、私は岡山大学病院の総合内科・総合診療科をお勧めします。総合医を志望する初期研修医が後期研修の勤務先を選択する際に「基礎を固める」ためにコモンディジーズを多く経験できる病院へ赴任するケースをしばしば見かけますが、総合医を目指す人は後期研修以降は「基礎」を固めるのではなく、応用力をさっさと伸ばすべきだと私は考えています。総合医の前提条件として広い知識を備えていることがあげられますが、現在求められているのは「広く深い」知識を備えた総合医であり、「広く浅い」総合医は活躍の場がかなり限られているのではないかと思われます。「広く深い」知識の基礎は難解な症例を多く経験することによって効率よく学ぶことができるようになります。岡山大学病院の総合内科・総合診療科は難解な症例が多く経験できる他、総合医のネックになりがちな内分泌分野も深く学ぶことができるメリットがあります。総合医としての「基礎」を高めたい方は岡山大学病院総合内科・総合診療科にぜひ来てみてください。

岡 浩介

レジデントの声

 当院の総合内科・総合診療科での研修を勧める理由は3つあります。
 1つ目は、幅広い内科疾患を万遍なく学べるという点です。当科では複数臓器にまたがった疾患の診断や治療を行う場合が多く、研修を行うことで自然と幅広い内科知識が身に付きます。超高齢化社会を迎える日本では、複数臓器の問題を抱える患者さんが今後さらに増えてくるため、将来どの専門科を選択するにしてもかけがえのない経験になると思います。
 2つ目は、アカデミックな経験を積むことができる点です。当科では年に2~3回は学会発表を行う機会があり、英語で症例報告の論文を書くこともできます。例えば、私は後期研修医の1年間で10本の英語の症例報告を書く機会を頂きました。アカデミック面を充実させることで患者さんをより深く広い視野でみることができ、診療に役立つことを実感します。
 3つ目は、充実した教育の環境が整っている点です。当科の病棟業務はチーム制で、経験豊富な指導医からきめ細やかな指導とフィードバックを受けることができます。当科には皆で教育をしていこう!という土壌があるので、教えること・教えられることが好きな人には特にオススメな環境です。

原田 洸


 私は岡山大学病院で初期研修を修了し、卒後3年目は岡山大学病院総合内科・総合診療科のレジデントとして勤務しております。初期研修では県外の某市中病院総合診療科をローテートしましたが、当科ではいずれにも負けないバラエティに富んだ症例を経験できます。
 不明熱や内分泌疾患、血液疾患などどれも市中病院ではなかなか経験のできない症例に携わることができ、昨今始まった内科新専門医制度で経験すべき疾患を幅広く見ることができます。診断が難しい症例で頭を悩ますこともありますが、各分野の専門医の先生方とディスカッションを行いながら診療を進めることで、自分の視野も広げることができます。
 当科では教育にも力を注いでおり、学生実習でローテートしてきた医学生への医師国家試験を元にした15分程度のレクチャーや、初期研修医と後期研修医だけで行うレジデントラウンドでは入院患者さんの疑問点などを題材とした知識の共有を行ったりと、自分自身も他者に教えることで、疾患への理解を深めていくことができます。
 幅広い分野で疾患を見てみたいという方はぜひ一度見学に来てみてはいかがでしょうか。みなさんとお会いできることをお待ちしております。

佐住 洋祐


 私は岡山大学病院で初期研修を修了し、卒後3年目は岡山大学病院総合内科・総合診療科のレジデントとして勤務しております。初期研修では県外の某市中病院総合診療科をローテートしましたが、当科ではいずれにも負けないバラエティに富んだ症例を経験できます。
 不明熱や内分泌疾患、血液疾患などどれも市中病院ではなかなか経験のできない症例に携わることができ、昨今始まった内科新専門医制度で経験すべき疾患を幅広く見ることができます。診断が難しい症例で頭を悩ますこともありますが、各分野の専門医の先生方とディスカッションを行いながら診療を進めることで、自分の視野も広げることができます。
 当科では教育にも力を注いでおり、学生実習でローテートしてきた医学生への医師国家試験を元にした15分程度のレクチャーや、初期研修医と後期研修医だけで行うレジデントラウンドでは入院患者さんの疑問点などを題材とした知識の共有を行ったりと、自分自身も他者に教えることで、疾患への理解を深めていくことができます。
 幅広い分野で疾患を見てみたいという方はぜひ一度見学に来てみてはいかがでしょうか。みなさんとお会いできることをお待ちしております。

高瀬 了輔


 私は2019年度より総合診療専門医研修を開始し、岡山大学病院総合内科・総合診療科で現在勤務しております。総合内科では多疾患併存の症例や、特に診断が困難な症例を多く経験することができます。これは大学病院の総合内科の特徴であると思います。サブスペシャリティを持ちながらジェネラルに診療することを得意とする先生方が多いですが、はじめからジェネラリストとして研鑽を積んでいる先生方もいて、バラエティに富んだ教室であります。
 また大学病院での研修を送る上でのメリットとして、学術的な活動が行いやすいという点があります。私はこれまで臨床研究の経験がありませんでしたが、教授を始めとした先生方に厚くサポートをうけながら研究を進めております。大学院を併行しながら研修を積むことのできるARTプログラムもありますのでオススメです。
 百聞は一見に如かず、是非一度見学にきてください!お待ちしております。

横田 雄也