当科について

ご挨拶

教授・副病院長 大塚文男

 私たちの内科は、平成24年4月より“総合内科 Department of General Medicine”として、「全人的医療のできる総合内科医の育成と大学院教育の両立」を目標に新たなスタートを切りました。

 総合内科では、「知識・技能・探究心」をベースに「臨床・教育・研究」の3つの歯車の調和がとれた教室運営により、日本の医療に求められる総合内科医を岡山大学モデルとして育成し輩出したいと考えています。医師の専門医志向が高まる中で、地域医療の現場では多様な疾患に対応できる幅広い診療能力を持つ総合医が不足しているのが現状です。また、日本内科学会認定医制度の新研修カリキュラム2011では研修項目の領域分野として新たに「総合内科」を設けるなど、地域医療の現場で不足する幅広い診療能力を持つ医師の育成が強く求められています。

 総合内科医・総合内科専門医の医師像は、患者の身になって対応できる豊かな人間性と患者の問題解決に貢献する能力を有し、そして高度な医学知識・技術と独創的な研究能力を備えた内科医といえます。慢性疾患における「かかりつけ医」、急性疾患における「初期対応医」であり、岡山大学病院のような高度先進病院では「専門科と連携できる総合内科医」としての臨床医の役割、また卒前から生涯教育までを担う内科の「教育指導医」、臨床医学として内科を総合的に捉える「研究者」としての役割も重要です。

 私たちの総合内科では、「専門医を目指す内科医」と、「総合医を目指す内科医」がともに集える内科、「総合力と専門性のハブ(hub)」となるような内科を創りたいと考えています。著しく専門分化の進む内科領域のなかで、総合的な内科医として広い視野と協調性を備え、的確な初期対応能力をもった岡大発の新たな内科Generalistの育成を目指すとともに、それぞれの教室スタッフの得意分野・専門領域を臨床・教育・研究面でフルに活用して、医歯薬学総合研究科としての使命であるPhysician Scientistの醸成にも努力して参りたいと考えております。

 内科を目指す皆さん、是非、私たちと一緒に新しい総合内科で研修を始めましょう!

ミッション
・地域に根ざした全人的医療を提供する(臨床)
・アカデミックな視点からジェネラリストの在り方を発信する(研究)
・多様性を活かし、総合内科医・総合診療医を継続的に育成し輩出する(教育)
ビジョン
如何なる臨床医も総合的な視点で広く研鑽を積み、
様々な患者さんをジェネラルマインドで支援することで、
最良の全人的医療を速やかに提供できる温かな地域社会を目指す

漢方臨床教育センター

漢方医学の習得をサポートします

世界的な伝統医学への関心の高まりの中で、我が国では漢方医学が再認識されています。西洋医学のみでは容易に克服できない疾患・病態があり、伝統医学を含む統合医療の必要性が増していることが理由のひとつでしょう。漢方医学の普及・発展は日本における統合医療の充実に必須な要素と考えられます。
岡山大学病院では、総合内科・総合診療科を含む複数の科・部門が連携して漢方臨床教育センターを設置し、漢方医学を実践できる人材の育成と診療体制の充実を目標に活動しています。
各種の勉強会やセミナーを開催して漢方医学を勉強する機会を設けると同時に、漢方専門医を目指す医師に対してはより専門的な研修ができる環境を整えています。

漢方薬の煎薬の作成・試飲
朝の勉強会
ハンズオンセミナー
薬学部附属薬用植物園観察会

不明熱外来

岡山大学病院 総合内科・総合診療科は令和元年5月14日に岡山大学病院に不明熱外来を開設しました。
原因不明の発熱を患っている患者さんをより広く受け入れ、地域にとって必要な診療と、診断学を含めた教育面の発展、そして不明熱に関する研究も推し進めていきます。

ここがポイント!

  • 診断がつかなく困っている患者さんの診療
  • 鑑別疾患と検査の組み合わせ、それらを総合的に考える視点
  • 不明熱に関する臨床研究

不明熱の概観

Durackらの古典的不明熱の定義

  1. Fever 38.3℃ or higher on several occasions
  2. Fever of more than 3 week’s duration
  3. Diagnosis uncertain despite appropriate investigation,after at least three outpatient visits or at least 3 days in hospital

「3週間以上の期間にわたり、38.3℃以上の熱が数回出る状態が持続し、1週間以上の入院精査をもってしても診断のつかないもの」

<主な原因>
・感染症腫瘍、結核、骨髄炎、ウイルス(HSV、EBV、CMV)など
・悪性腫瘍白血病、リンパ腫、肝臓癌、腎細胞癌など
・全身性炎症性疾患巨細胞性動脈炎、結節性多発動脈炎、大動脈炎症候群、SLEなど
・その他炎症性腸疾患、肺塞栓症、甲状腺炎、FMF、薬剤熱、詐熱など

不明熱外来の意義

1. 診 断・診断の受け皿
・紹介プロセスの見える化
(地域からの紹介、院内他診断科からの紹介)
2. 教 育・診断プロセス、検査過程が教育的な症例
3. 研 究・症例の積み重ねにより 、診断、検査、治療についての新規臨床研究を推進

岡山大学病院 総合内科・総合診療科

徳増一樹(助教)、岡浩介(助教)、安田美帆(助教)、萩谷英大(准教授)、大塚文男(教授)

岡山大学病院
総合内科・総合診療科 医局

TEL.086-235-7342