学生・研修医の方へ Students & Residents

トップ > 学生・研修医の方へ

学生の方へ

岡山大学総合内科では、卒前教育として内科総論・内科診断学・東洋医学・臨床検査医学を担当しており、内科疾患の基本概念の理解を深め、基本的症候や病態から診断へのアプローチが可能になるよう、臨床推論の基礎教育を担当しています。また、クリニカルクラークシップにおいては、総合内科の外来診療や病棟診療を通じて内科系common diseaseに関する診療行為を習得し、症候や臨床症状から確定診断へと至る臨床推論を実践し、学生に体験させることをモットーとしています。さらに、臨床検査の基本的な知識と技術を習得し、検査結果の解釈と臨床に適用するための応用力をつけることを目標としています。

ページトップへ

研修医の方へ

当科では、総合内科・内分泌・感染症・糖尿病・消化器・消化器内視鏡・呼吸器・リウマチ・腎臓など、多くの分野の専門医が在籍し診療や研修医指導を行っています。この他にも、家庭医療専門医やプライマリ・ケア認定医、病院総合診療医学会認定医の取得も可能です。特に、内科各科の根幹となる基本的な医療面接、診察手技、鑑別診断について研修してもらいます。岡山大学病院総合内科では、“研修医の自主自立”を原則とした研修を行い、すべての臨床内科医としてのベースとなる姿勢と知識・技術の基本教育を行います。また、内科医の将来像として教育医・研究医へのステップアップができるように、“全人的・総合的医療のできる総合内科医の育成と大学院教育の両立を目指した教育”を目標にしています。朝カンファレンス・外来カンファレンス・教授回診、困難な症例に対して科を超えて必要な指導医/専門医とともにディスカッションする問題症例カンファレンスなどの教育の場を通じて、レジデントの治療方針を可能な限り尊重した診療を心がけています。医療面接、身体診察、臨床推論により鑑別診断を的確に行うこと、患者の状態を正確に上級医に伝え、可能な検査は自ら実施すること、診断確定後の治療方針を自ら決定し、上級医の指導のもとで実施すること、外来初診患者の診療を上級医の指導のもとで行うことを実践しています。

ページトップへ

総合内科での研修プログラム

内科医の持つ広い可能性を体験していただき、総合内科専門医やSubspecialty専門医など研修医の皆さんの希望する専門科への橋渡しができるようにサポートします。

3年目以降は本人の意向にそった研修コース(認定内科医、総合内科専門医、プライマリケア認定医、家庭医療専門医、病院総合診療医学会認定医、内分泌代謝・感染症専門医など内科各サブスペシャリティ専門医コースなど)のプログラムを準備しております。

フロー図:総合内科での研修プログラム


レジデントの声
          

 はじめまして.私は,岡山大学病院で初期研修を修了し,卒後3年目の現在,岡山大学病院総合内科に勤務しています.以前から総合内科には興味があり,初期研修ではたすき掛け制度を利用して,県外を含め複数の病院の総合内科で研修させていただき,2年目の秋ごろに総合内科へ進むことを決め,現在に至ります.

 市中病院の総合内科はcommon diseaseを数多く診る場であるのに対し,大学病院の総合内科はrare diseaseを深くじっくり診ていく場になります.不明熱,診断困難症例,特殊な感染症,また内分泌や血液疾患など市中病院では診る機会が少ない疾患にも携わることができ,疾患の分野は大変幅広いです.難しい症例で頭を悩ませることもありますが,毎日,全体カンファレンスとチームカンファレンスが行われ,各分野の専門医の先生方とディスカッションしながら診療を進めていくことができます.今まで鑑別に挙がらなかったような疾患を学んだり,病態の解明に踏み込んだところまで考えたりすることができます.

 医師として働いていると必ず教育する機会があると思いますが,大学病院は学生実習があったり,初期研修医も毎月2-3人はローテートしたりするので,教育の機会はとても多いです.去年からはレジデントラウンドという初期と後期研修医だけで入院患者さんのディスカッションをする機会ができ,現在は知識の共有やクリニカルクエスチョンの提示の場となり,お互いに理解度を確認し高めることができています.

 また,大学は研究の場でもあり,症例報告を執筆したり,大学院の研究を進めたりすることができます.先生方から熱心に指導していただけるので,学術的にも非常に恵まれた環境にあると思います.

 総合内科医を目指している方も,いずれは各科専門医を目指している方も,内科医としての幅を広げるために一度大学の総合内科で研修してみはいかがでしょうか.ここでは多く書きませんでしたが,総合診療医専門医プログラム,地域医療支援,女性医師支援も当科では行われていますので,個々人の希望に合わせて将来設計について幅広く親身に相談に乗っていただけます.一度見学に来てみてください.みなさんとお会いできるのを楽しみにしております.

2017年9月  総合内科レジデント 中野 靖浩
          
          

 当科では総合内科の名に恥じない、本当にバラエティに富んだ症例を経験できます。一般的に、大学病院の総合内科は診断学に偏ることが多く、診断が一度付いてしまえばその後は専門科で、というパターンが多いと思います。岡山大学では、各科の専門医が在籍しているため、症例によっては専門医のスーパーバイズのもとで治療介入も行っています。広いが浅い、ではなく、広く尚且つ深く、を日々モットーに、忙しいながらも頑張ることが出来る風土があると感じています。私自身は米国での臨床留学を短期的な目標に据えていますが、そのようなoutlierの希望にも合わせ、オーダーメイドのサポート体制をとっていただけることも、非常に大きなメリットと思います。デキるジェネラリストをめざしている方、是非一度見学に来ていただき、当科の雰囲気を肌で感じてみてください。

2017年9月  総合内科レジデント 西村 義人
          
          


【症例】27歳男性
【主訴】総合診療がしたい!
【現病歴】
 2012年にクリニカルクラークシップが始まるまでは、全身の診察・疾患がマクロで分かりやすい科を志望していたが、同時に2011年に参加し始めたPBLサークルで 鑑別診断にも興味を持っていた。実際にクリニカルクラークシップで実習が開始すると、どの科もとても面白く、座学で眠気が出現するといった症状は生じず、 患者さんを診たうえで座学を学ぶといつもより理解が進んだ。手術もとても面白かったが、内科診断もとても面白く、どの科に進むべきかとても悩んでいた。 しかし、どれも捨てがたいと感じていた男性は、総合診療医であれば楽しいことすべてできるのではないかと思って、行くならば総合内科かなと考えるようになった。 Pre-ART生(※)として大学院を続けていくかどうかも悩んだが、相談しやすいPBLサークルに指導医の立場として来られている先生にもお話しし、やりたくなくなれば辞めることが出来ると気楽に考え、ART生(※)として初期研修医を岡山大学病院で、たすき掛けを使いつつ行うことにした。
 初期研修では様々な病院の総合診療科を中心に医療を学び、後期研修として初期に残っていた病院に半年残り、大学院と並行して総合内科医として働くことに決め、当科紹介となった。
【既往歴】
平成26年 岡山大学医学部 卒
【生活歴】
生来健康で大阪出身
趣味は登山・ジョギング・読書・ドラマ鑑賞など
【経過】
 すぐに病院総合診療医として病棟医の立場で働き始めた。様々な疾患の患者様が来院するが市中病院との違いはエビデンスが整っていること、アクセスしやすいことであり、身近に適切なエビデンスを聞いてこれまで自信なく治療してきた分野に対して一定の自信とエビデンスを学ぶことが出来る点であると感じた男性は、そのまま様々な主訴、珍しい疾患などに対してアプローチしていき、学会発表や症例報告とともに大学院研究を進めていくことになった。同時に、認定内科医資格取得のため症例集めに奔走するが、「総合内科」としての当科には豊富な症例が集まっており、症例の勉強に事欠かないことに気づく。試験でもカンファレンスで学んだことが多数出題されているのを見て、やはり最新の診断と治療を勉強する環境であると実感することとなる。
【今後の方針】
 将来的には家庭医療専門医プログラムに則り救急科・小児科・地域医療などを研修する予定である。家庭医療専門医取得のための準備も同時に進めているようだーーー。
【考察】
 総合診療に興味を持つ若手医師は近年増加傾向にあるが、総合診療に求められる役割は広く、また、病院によって総合診療医の働き方も異なるため、若手医師も将来の勤務先を悩んでいるケースも多い。本症例は、多数の総合診療を先駆けた医師にアドバイスをもらいながら、様々な病院での総合診療を経験した男性が辿った経過を報告したものである。
 総合診療医のニーズが増加しており、総合診療の道を志す若手医師にとって貴重な症例と考え、若干の実践的報告を含めて報告する。
 ※Pre-ART:大学在学中に、大学院の単位を取得できる専門のプログラムのこと。
 ※ART:初期研修中に大学院を並行して行うことが出来るプログラムのこと。

2017年8月  総合内科レジデント 大村 大輔
          
          

当科では、毎朝すべての入院患者の経過と今後の方針をスタッフ全員で確認し、要望に応じて学会発表や症例報告まで実に様々な経験が可能です。 遭遇する疾患のスペクトラムは極めて広く、大学病院ならではの診断困難症例から、common diseaseを複数抱えた方の全身管理まで、幅広いマネージメント能力が養われます。 何より、多彩なバックグラウンドを持った上級医とすぐにディスカッションできる環境があり、各プロフェッショナルの視点からの多角的な助言を頂けるのは心強いことこの上ないです。 また、医学生や初期研修医とチームを組むため、学習効率の最も高い「教える」という機会に恵まれています。

2016年度から新たに始まった試みとして、「レジデントラウンド」と名付けた若手医師のみでの総回診があります。 年代が近く少人数のため、気兼ねなく質問を交わし、お互いの知識をシェアできるとあって好評を博しています。

現行制度での総合内科専門医・プライマリケア認定医・家庭医療専門医、また2018年度にスタートする新制度での総合診療専門医の取得を目指している方はもちろんのこと、臓器別専門医(内科系・外科系問わず)を取得したいけど全般的な内科診療のスキルアップもしたいと考えている方、是非とも当科での研修をご一考下さい。 研修の開始時期や期間は柔軟に調整できます。

2016年8月  総合内科レジデント 戸川 雄
          
          

私は初期研修を某市中病院で修了しましたが、大塚先生のお誘いもあって今年度より総合内科で働いています。

大学の総合内科での良いところは何といっても難解な症例が多数あること、各内科の専門医がそろっているところだと思います。 市中病院で診断がつかなかった症例が選りすぐられてきてくるので難しい症例が多いのではないかと思います。 また各内科の専門医の意見を多く取り入れることができるので、普段考えたことのない視点からの知識も多く取り入れられます。 「ジェネラルに診よう」という心意気は前提条件として大切だとは思うのですけどやっぱり最後にものをいうのは専門医の知識、ということは多くありますからね。 そして大学なだけあって文献検索が便利であること。 学術方面に熱心であること。 以上、大学で研修するメリットはおそらくこんなところではないでしょうか。 まあこれらだけでも十分特徴的だと個人的には思うんですけどね。

話は変わりますが、私は初期研修を市中病院でそれなりに充実した研修を送っていました。3年目もおなじところで頑張ろうかとも考えていましたがART(大学院を初期研修時から開始できる制度)の研究を取り組まなければいけないと考えたので大学病院で後期研修を開始しました。 今になって思うことは、初期研修と後期研修は違う環境でしたほうがいいということです。 特に総合内科医は広い知識が必要になりますが、初期研修と同じところで勤務していると気を付けていてもどうしても知識が偏ってしまうと思います。 特に市中病院で所謂common diseaseの初期対応を中心に勉強してきた方は3年目には大学病院のような専門医がたくさんいる岡山大学の総合内科で研修することは大変勉強になることだと思います。 後期研修を総合内科で考えている人は岡山大学も一度考えてみてはいかがでしょうか。

2016年8月  総合内科レジデント 岡 浩介
          
  • 学生・研修医の方へ
  • 受診される患者さまへ
  • 医療関係者の方へ

研修・大学院入学に関するお問い合わせはこちらまでどうぞお気軽にお問い合わせください

sougounaika@cc.okayama-u.ac.jp

教授・診療科長:大塚 文男,講師・副診療科長:近藤 英生,医局長/内科MC:小比賀 美香子,卒後臨床コーディネーター:花山 宜久,学生係:花山 宜久・岩室雅也

どうぞお気軽にお問い合わせください

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科
社会環境生命科学専攻
総合内科学
〒700-8558
岡山県岡山市北区鹿田町 2-5-1