当科について

トップ > 当科について

当科について

私たちの内科は、平成24年4月より“総合内科 Department of General Medicine”として、「全人的医療のできる総合内科医の育成と大学院教育の両立」を目標に新たなスタートを切りました。

総合内科では、「知識・技能・探究心」をベースに「臨床・教育・研究」の3つの歯車の調和がとれた教室運営により、日本の医療に求められる総合内科医を岡山大学モデルとして育成し輩出したいと考えています。医師の専門医志向が高まる中で、地域医療の現場では多様な疾患に対応できる幅広い診療能力を持つ総合医が不足しているのが現状です。また、日本内科学会認定医制度の新研修カリキュラム2011では研修項目の領域分野として新たに「総合内科」を設けるなど、地域医療の現場で不足する幅広い診療能力を持つ医師の育成が強く求められています。

総合内科医・総合内科専門医の医師像は、患者の身になって対応できる豊かな人間性と患者の問題解決に貢献する能力を有し、そして高度な医学知識・技術と独創的な研究能力を備えた内科医といえます。慢性疾患における「かかりつけ医」、急性疾患における「初期対応医」であり、岡山大学病院のような高度先進病院では「専門科と連携できる総合内科医」としての臨床医の役割、また卒前から生涯教育までを担う内科の「教育指導医」、臨床医学として内科を総合的に捉える「研究者」としての役割も重要です。

私たちの総合内科では、「専門医を目指す内科医」と、「総合医を目指す内科医」がともに集える内科、「総合力と専門性のハブ(hub)」となるような内科を創りたいと考えています。著しく専門分化の進む内科領域のなかで、総合的な内科医として広い視野と協調性を備え、的確な初期対応能力をもった岡大発の新たな内科Generalistの育成を目指すとともに、それぞれの教室スタッフの得意分野・専門領域を臨床・教育・研究面でフルに活用して、医歯薬学総合研究科としての使命であるPhysician Scientistの醸成にも努力して参りたいと考えております。

内科を目指す皆さん、是非、私たちと一緒に新しい総合内科で研修を始めましょう!

総合内科イメージ図

大塚 文男

  • 学生・研修医の方へ
  • 受診される患者さまへ
  • 医療関係者の方へ
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科
社会環境生命科学専攻
総合内科学
〒700-8558
岡山県岡山市北区鹿田町 2-5-1